サイディング 特徴 | サイディング メンテナンス・塗替・張替

特徴

サイディングとは外壁素材の一種であり、セメント質と繊維質を主な原料とした外装材で
壁に貼って利用します。

サイディングはサイディングボードともいわれ、板状になっています。
建物の骨格に合わせてサイディングボードを貼り付けていくという具合です。
そして、張り付けたサイディングボードをシーリング材でつないでいきます。

※シーリング材(建物の防水性や気密性を保持するために継ぎ目や隙間に用いる材料。
これが劣化すると雨水が壁の中に入り、劣化を加速させる)

外壁材は、厳しい自然環境から住まいを守るのと同時に、建物の寿命にも関わり、
また、外観のイメージを左右する重要な建材です。
一戸建てに用いられる主な外壁材には様々ありますが、中でも商品バリエーションが
豊富で施工性が高いサイディングは人気です。

それぞれの特徴を理解して、住まいのイメージにあう外壁材をコーディネートすることが
重要です。

サイディングには、構成される建材によって、窯業系金属系木質系樹脂系に
分けることができます。
それぞれ個々の特徴を持っていますので、お住まいに合うサイディングを探してみて下さい。